会社概要 よくある質問 お問合せ プライバシーポリシー

中国人投資家 大挙して南カリフォルニア不動産を取得

皆さん

こんにちは!

今日はアジアの中でも活発に海外に投資する中国人富裕層の話です。

抜け目のない彼ら投資家は、投資機会と同時に一年のうち一時期を過ごすセカンドハウスとしての両方、あるいはいずれか一方を考えている。中国人投資家は住居用と商業用不動産の両方を購入している。中国国内の不動産市場の熱狂のせいで、中国人投資家は数字が理にかなっているかどうかに無頓着だ。アメリカの不動産市場が底を打ったのを見て、底値で購入できるチャンスに参入したいのだ。中国人の多くは米国への移民を希望しており、南カリフォルニアは、その気候と同じくらい重要な「良い学校がある」という点で大変魅力ある土地に映る。中国文化において教育は非常に重要なポイントで、多くの一流大学は南部にある。中国人投資家には4つの異なったタイプがある。第1のタイプは、米国に今すぐ住むつもりはなく、住宅市場を賃貸不動産として家賃収入を得る機会と見ているグループ。第2のタイプは冒頭に述べたような、いわばハイブリッド投資家と私が呼ぶグループ。彼らは一年のうち一時期を、米国で起業、子供の進学、あるいはライフスタイルのためなど諸々の理由でその住宅に居住する。第3のタイプは商業用不動産を購入するグループで、オフィスビル、ショッピングセンター、工業用建物やマンションビルなどの不動産が対象となる。第4タイプの投資家は土地へ投資する人たちだ。これは基本的にバイ・アンド・ホールド投資と呼ばれ、土地を購入し、大きな価格上昇の可能性に期待して一定期間保有するという方法だが、土地が開発されるまでは全く収入は得られない。南カリフォルニアが好まれており、さらにロサンゼルス地域は環太平洋地域の一部と見られているようだ。

このようにアメリカと言う地域は外国人から見ても魅力的な投資として期待されています。

 

 

カテゴリー: ランドバンキングについて   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

無料資料請求