会社概要 よくある質問 お問合せ プライバシーポリシー

ハイデザート地区不動産シンポジウムで景気回復を示す有望な数値が明らかに

皆様

こんにちは!

久々の投稿になります。
今日はビクタバレー地区の不動産シンポジウムがあったので掲載しますね。

アップルバレーのフランク・ロビンソン町長は、人口約45万人を擁するハイデザート地区はロングビーチやオークランドと肩を並べていると述べた。 アデラント市政担当官ジム・ハート氏は、土地開発率25%のアデラントにはまだ成長の余地が十分あると語った。またハート氏によると、複数の商業プロジェクトが進行中で、新規事業誘致に向けたハイウェー395号線の改良工事計画もその一つだ。さらに同氏は付け加えて、「太陽光発電企業がこぞって私を訪ねてきて、アデラントには新しい太陽光発電プロジェクトに適した十分な太陽光があると言ってきた。」アデラント市は隣接するSCLA(南カリフォルニア物流空港)を支援するため、SCLAで就業する労働者家族向けの住宅として計画的コミュニティの開発に100万㌦の助成金を使用する予定だとハート氏は述べた。ビクタービル市市政担当官補佐キース・メツラー氏は、ボーイング社が数社と業務契約を結び、SCLAがボーイング社の第二の本拠地となった経緯を詳しく話した。メツラー氏は、SCLAプロジェクトにより航空宇宙と産業活動向けの1,800万平方㌳のこの場所には雇用、収益、貨物輸送などの機会がもたらされ、大きな注目を浴びるだろうと述べた。

ここで書かれているようにアデラント地域は将来性のある土地がまだ残っています。

今後伸びる人口に対して十分対応出来る地域の一つとされています。

 

 

カテゴリー: ランドバンキングについて   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

無料資料請求