会社概要 よくある質問 お問合せ プライバシーポリシー

グローバル・アクセス・ビクタービル

グローバル・アクセス・ビクタービル――カリフォルニア州ビクタービルのかつてのジョージ空軍基地――は空路、陸路、鉄道への接続が整った敷地面積8,500エーカーの複合輸送貨物ハブである。

グローバル・アクセス・ビクタービルは3施設から構成される。

南カリフォルニア物流空港(SCLA)は2,500エーカーのワールドクラスの航空貨物取扱および空港施設、南カリフォルニア物流センター(SCLC)は 敷地面積2,500エーカー、開発可能面積6,000万平方㌳の産業工業団地、そして南カリフォルニア鉄道複合施設(SCRC)は、計画された3,500エーカーの一貫輸送および複合輸送コンプレックスで鉄道サービス施設を持つ。スターリング社とビクタービル市が協力して、元ジョージ空軍基地をこの地域最大の完全一体型商業開発事業、グローバル・アクセス・ビクタービルへと再開発した。

この事業は24,000以上の雇用機会を創出し、さらに周辺地域にも18,500の雇用創出の後押しをすると見込まれる。グローバル・アクセス・ビクタービルは、敷地内に米国税関があり、週7日24時間体制で通関業務が可能。連邦政府から、外国貿易地帯と、地方自治体軍事基地再生法適用区域の指定をうけている。

2本の滑走路を持ち、週7日24時間の管制業務や世界の大空港レベルに匹敵する緊急対応能力も備え、現在運行中のすべての商用機や軍用機の受け入れが可能である。詳細はwww.globalaccessvictorville.com を参照。

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

無料資料請求